« 熱い人々 | トップページ | 桜だより 2005(1) »

街の中で

tee_town 久々に東京の中心街に出る。
出来てからもう結構になる新しいビルに初めて足を踏み入れたり、周辺のウインドウショッピングもかねてぶらりとする時間を持つ。
新しくデザインされたビルを見るとちょっとニューヨークに似てなくもない。
そして東京の街中には意外に緑が多い。
私から見ればコンクリートの壁ばかりが目につくのだが、そうした苦しい空気を和らげる為かオフィス街などには意図して緑が配置してあるところが多い。
ビルの谷間にちょっとした植林などもされている。
逆に街を出てすぐに自然が目に入る地方都市の街中には緑が少ない。

それは川べりも同じで、人が手を入れることで環境が保たれ有効利用がされているところが多い。
故郷の広瀬川べりなどは思った以上に荒れていたりするのだ。
今継承に関して検討されている皇室の継続に関しても、血筋の存続よりも残してもらいたいものは実は皇居の緑だったりする。 
あの堀の中にはかなり貴重な植物の原種が手つかずで残っていたりするのだ。
そしてあの大きな空間があるからこそ、近隣のビル街で息づいていられるのではと想う。
また、都心にいくつもある大きな神社の境内は緑の宝庫でもある。
時折ご神木ともいえるような大きな木の側で森林浴をしている人もよく見かける。
人が住み続ける限り、一旦人が手をつけ始めた限り、手入れをしていかなくてはいけないのは都会の中ばかりではない。
自然だ、自然だ、と出かけていく山や海も人の手をかけていかないと荒れる一方なのだ。
失ってしまっては困るもの、こと、それがはっきりわかり再生へ働きかけるのが一度はそうした環境を無くしかけた場所だったりするのは皮肉な話だったりもする。
だがいずれ時が経てば無くしたことも忘れてしまうかもしれない。
無くて当然になってしまう、それが果たして当たり前のことなのだろうか。

*最近ガラス張りのホールがあるビルが増えているけれど、地震対策は大丈夫なのかな?
などと頭をよぎるこの頃です。

|

« 熱い人々 | トップページ | 桜だより 2005(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/7585232

この記事へのトラックバック一覧です: 街の中で:

« 熱い人々 | トップページ | 桜だより 2005(1) »