« ビートルズの宿(2):キャピトル東急 | トップページ | She's Gone... »

求めるもの

coffeBW あからさまに特別扱いされるのを非常に好む人がいる。
好みはさまざまであるから、それもよし。

目の前で明らかに媚を売られて、手もみをしながらお辞儀をされて、ご機嫌とりに呼んだらすぐに飛んでくる...
というようなことを『サービス』と思っている人たち。

心の根底を覗いてみれば、それほどうらやましいことではない。

たまにはそうした特別さが ”便利” な時もあるだろうけれど。

お金の為に手もみをし、お金を払っているのだからやってもらって当然、
という考えがちらほら見える...

ということも多い。

常連客が優遇されるのは当然ながら落とす金額が大きいからだ。

金額に換算できない部分では、お客側がその場に好ましいところを見てお金を落とす彼らのテーストをサービスする側がやはり好ましく思っている時だろう。 

すべてにはランクがある。 

それが経済的な部分から来ることは大きいが、それだけでもない。

そうして慇懃無礼な人がいる限り、慇懃無礼さが格であると信じる世界もある。

本当によいサービスを提供する側のサービスは実はさり気なかったりするかもしれない。

サービスとわからないようなサーブの仕方。 

そういう部分に目を向けていく人が多くなっていけば、自然淘汰が起きるはずなのだが、世の中そうではないらしい。 残念。

私たちは人にサーブしてもらう前に、まずは自分自身に対するまっとうなサーブの仕方を学ばなくてはいけないのだろう。 
外に求める前に、先にあるのはいつだって内側なのだから。

|

« ビートルズの宿(2):キャピトル東急 | トップページ | She's Gone... »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/8136226

この記事へのトラックバック一覧です: 求めるもの:

« ビートルズの宿(2):キャピトル東急 | トップページ | She's Gone... »