« 初めての「みなとみらい」線♪ | トップページ | お口にアロマ♪:ボンネサンテのミント »

山菜のちから

Sansai00わが家の恒例、山菜づくしの季節がやってきた。
下ごしらえに台所に立つ。 
何種類もの山菜が一度に届いたものだから、食べるタイミングをはずしたらすぐに鮮度が落ちて無駄となる。 

ゴミを浮かす為に水道口を細めにしてちょろちょろと流し洗い。
と、その瞬間、湧き水に食材を浸している田舎の風景が浮ぶ。
自然のサイクルを借りて、ゆったりと生活の時間が巡る、そういうリズムが私の中で蘇る。

このところ食事の支度はおっつけで急いではいけないということを改めて学ぶ。
共働きの忙しい家庭で育った私の食の感覚は超特急ばかりだった。

産直で来た山菜は土や藁の入り込んだ細かい汚れがついている。
そしてもちろん灰汁は強い。
火を加える前に、時間をとることが大事。

別に会席料理を作るわけでもないのにね。
もともとの味をじっくり味わえる単純な料理をするのにも、その前の準備がいる。
そして食材と向き合うにはとてつもないエネルギーが必要。
それだけのものを私たちは口から取り入れ生きている。
体がないと、食べられない。
自分もエネルギーがなければ料理もできない。

特に季節の中でも芽生えのエネルギーに満ち満ちた山菜たち。
届いたばかりのウドを洗いながらその力強さに、すでにお腹が一杯になってしまった。
本当のところ、料理はそれほど好きではない私。
もくもくとひとり食材に向うはずの時間に隙間ができて自分のエゴが注ぎ込むからだ。
一番のエゴは怠け癖である。 はしょっちゃおうかと心がささやく。
いけません...な。

山菜の存在に引っ張られて、ひとり台所で過ごす時間。
まだ山菜とはお話しはできません(修行が足りないか)。

Sansai01

Sansai02_2

写真は「こごめのごまあえ」と「あいこのおひたし」
食べればあっという間。

*5/23/2006: タイトルを「山菜パワー」から「山菜のちから」に変更しました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



山の幸利用百科
―山菜・薬草・木の芽・木の実 115種の特徴・効用・加工・保存・食べ方

農山漁村文化協会
このアイテムの詳細を見る

|

« 初めての「みなとみらい」線♪ | トップページ | お口にアロマ♪:ボンネサンテのミント »

心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

連休は山菜料理を楽しまれたようですね。
とても新鮮そうで美味しそうです!
私もこの年代を迎えると優しい味が馴染みます^^

久しぶりの連休、直前に宿を探してもあろうはずもございません^^;
辛うじて見つけた所はワンナイトうん万円もかかるため費用対効果を秤にかけて・・・
Mottainai(今や国際語です)という結論に至りました(^^ゞ

それではこの連休でその分だけ外食に使おぅ~と連日せっせと食事に出かけておりました。

でも、根っからの貧乏性と家の味が懐かしくなったのか、結局は遣い切れず最後の日はいつもの家庭料理でした(^^ゞ

ところで、ようやく山のブログの引越しが完了いたしました。宜しければURLのご変更をお願いできれば幸いでございます。
http://www.kei-j.com/yama/

現在利用しているプロバイダーは近いうちに解約いたしますので旧山のブログも消滅いたします。

投稿: ダイヤモンド | 2006-05-08 18:47

ダイヤモンドさま>
ご連絡ありがとうございました。リンク変更いたしました。
なんというグッドタイミングでしょう!
お知らせを見る前に大きな桜を拝見したところでした。

家庭では見えない部分を含めいろいろな加減がきくからでしょうか、外のご飯は続くと最後には飽きてしまいますね。

この頃は居酒屋ご飯のようなどこでも画一的味ばかりで、若いときから(子供の頃から親に連れられて)そうした傾向の食事をとっている人達は味覚という感性が発達しないと予想されます。
お家の味が一番まずい、という家庭も増えているかも...^^;

投稿: ♪~ | 2006-05-09 10:27

我が家では最近はヘルシーメニューが多いです。
でも時々物足りないときがあります(^^ゞ
そんな時は後のデザートが要注意です。
ついつい食べ過ぎてしまいます~

大きな桜でしょ!圧倒されてきました。

ご変更をありがとうございました。

投稿: ダイヤモンド | 2006-05-09 16:47

ダイヤモンドさま>
ヘルシーメニューの中に1点だけ味のしっかりした献立を入れるといいようですよ。

桜、、、あとで足跡残しに伺いますね♪

投稿: ♪~ | 2006-05-10 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/9838668

この記事へのトラックバック一覧です: 山菜のちから:

« 初めての「みなとみらい」線♪ | トップページ | お口にアロマ♪:ボンネサンテのミント »