« 夏...そして「ホヤ」 | トップページ | 【更新のお知らせ】 »

「パーコー麺」@キャピトル東急

Pako_00s

永田町・キャピトル東急ホテルのコーヒーショップ「オリガミ」の名物といえば、このパーコー麺。
ホテルの閉館前にもう一度食べに出かけてみた。
ほんとうに中に入るのは久しぶり。

数年前の大改装後、なんと初めて店内に足を踏み入れた。
入り口にあるベーカリーまでは何回も行っているのだが。
なるほど...
Origami_01改装時に品良く木調に統一されたインテリアは他のレストランにおいては落ち着きと大人の雰囲気に感じられる。 しかしここ「オリガミ」においては、ちょっと味気なかったかもしれない。
以前のままだったら、逆に時代のレトロ感覚が残るアメリカンスタイルで貴重だっただろう...壁や柱に大きく張り出されていた季節メニューの写真や真っ赤な椅子や内装全体の色使い、などのポップな感じがなんとなく懐かしかった。

Origami_02menu_1

それでもメニューは以前とほとんど変わっていない。 変わったとしたら、時世に合わせてハーフポーションのオーダーが可能になったことぐらいだろう。
今回はわざわざ食べに行ったので、フルポーションで注文。 ハーフだとこの麺の特徴であるパーコーのボリュームも半分でこじんまりしてしまうようなのだ。

Pako_02 ということで何気に書いているこのブログ、それなりにお金かかってます。
このパーコーは高級中華料理店と同じくらいのお値段がするのです。
その価格にちゃんと匹敵するクオリティーなので、長年人気が高いこのメニュー。

ここのパーコーはもう最高の豚のから揚げです♪
衣さっくり、中はやわらか~い良質の豚肉。
目の前に運ばれてきた器を眺めながら蘇る記憶...
パーコー麺を生まれて初めて知り、食べたのもココだった。
数十年前、まだ独身だった頃、今よりさらに無知な私はなんでとんかつがラーメンにのっているのだろうという認識程度で...ああなんと恥ずかしや(^_^;) でも記憶として書いておくワ。
(言い訳程度に追記するならば、、、その後一時的にブームになってファミレスでも見かけるようになったパーコー麺であるが中華料理も一定のメニューだけしかお目にかからない時代、地方出身者の私にはこのメニュー、珍しかったのである。 2006年の夏は某ファミレス・○イ○ホ○トにも麺のメニューとして出ているようだ。)

ここのパーコー麺の特徴は他にもある。
Pako_01薬味に葱、小葱のみじん切りがたっぷり付いてくる。 そしてラー油と七味も。
個人の好みに合わせてかけて食べる。
たぶんこの麺のファンはこの薬味の絶妙な取り合わせのファンでもあるに違いない。
中華どんぶり、というよりは洋風の大きな深いスープボウルの趣の器にはここの店名に由来の折り紙の鶴模様があしらってある。

まず久々に食する為、一口スープをすすってみた。
一見あっさり風のクリアスープだが、口の中にはどっしりとした濃厚なコンソメ+α、etc...が広がった。 
このスープは中華のそれではない。
西洋が思うところの麺。 つまり、西洋料理のスープがベースになっている。
そしてそこに、どちらかというと和風のテイストが加わっている。
付いてくる薬味も日本のお蕎麦的発想。
かつてここがヒルトンホテルであった頃の名残がこんな風にして残っているのだ。
当時から日本人にも外国人にも喜ばれる味だったに違いない。
開業時に働いていた人達の工夫がしのばれる。

夏には期間限定で”冷たいパーコー麺”というのも出しているようだ。

現在の建物はいずれなくなってしまうが、きっとこのメニューは残るに違いない、と密かに、いや、訪れてはこのメニューを残すことをリクエストをしているファンは多いだろう。
今回はパーコー麺だけでボリュームたっぷりだった為に、他のお目当てメニューにまでは手が届かなかった。 閉館まであと数ヶ月あるのでまた次回を作ってみようと思う。

Beales2_1「オリガミ」に向かうロビー通路にはビートルズ来日40周年を記念したパネルが張られていた。 後日記念イベントが模様されたようで、そっくりさんグループの来日やバンドイベントなども開催され大盛況だったらしい。
JALでは枚数限定で当時のハッピを販売 。

Beales2_2_1以前「オリガミ」でもビートルズメニュー・フェアが開催されていたことがあった。 あの時持ち帰ったペーパーマットを不覚にもなんでもとっておくことの嫌いな家人の意見に(珍しく)従った為に処分してしまった。
今思うと残念。 ビートルズの写真と彼らが滞在した時に好んで食べたメニューがシックな色合いでデザインされていたのだ。

P5190033 現在「オリガミ」では開館以来の人気メニューを選んで再現した復刻メニューを提供している。 
永田町のこのあたりの風景が一転してしまうまで、あと僅かな時間となった。

【ブログ内関連記事】
「ビートルズの宿が休館、再開発へ」
「ビートルズの宿(2):キャピトル東急」
キャピトル東急閉館と移転

「新オープン「ORIGAMI」」 :2007/5/18、仮オープンしたオリガミです。


リンク: 40年後、「ビートルズ」再来日 そっくりさんでした?-2006年06月29日-asahi.com

"伝説の4人組が再来日――。
28日夜、懐かしのはっぴ姿で羽田空港に降り立ったのは、ビートルズのそっくりさんバンド「ザ・リターン」。
40年前、本物のビートルズが泊まったキャピトル東急ホテル(東京都千代田区)が、宿泊40周年記念ディナーショーのため、米国で活躍する同バンドを招いた。
はっぴは、日航の協力で当時の型紙から再現。ショーも40年前に合わせて今月30日。「顔はともかく、しぐさや楽器、衣装は本物そっくりです」と担当者。500席のチケット(1万8000円)は完売している。"

|

« 夏...そして「ホヤ」 | トップページ | 【更新のお知らせ】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

都内散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/10809307

この記事へのトラックバック一覧です: 「パーコー麺」@キャピトル東急:

« 夏...そして「ホヤ」 | トップページ | 【更新のお知らせ】 »