« 「広島風お好み焼き」@湯田温泉(山口県) | トップページ | 『間違いだらけの山登り』 »

グッド・ラック 

Hasu_01

「何故貴女は書くのですか?」

と、当時親しくしていた或る若い女性が私に尋ねた。

そうしてその時、私は、

その問いには応えなかった。

それまでは彼女のどんな問いかけにも応えてきたのに、である。

HPを開設して4年ほど、ブログはまだ始めていなかった頃の話。

あれから2年ほどの時間が過ぎた。

前途が広がるはずの年齢の、その若い女性が尋ねた問いに対する答えは、即答することができるほどに私の中ではクリアだったのだ。

だからこそ、彼女の問いにはあえて応えることはしなかった。

私にとってこうして誰が読むという確証もなしに打ち続けている文字の集合体は、生き続けていく為の私の糧だったのです。

貴女の生きる苦しさを私は知っていました。

けれど、貴女はそれまでの私の生きる苦しさを

そしてこの在り方をわかっていたでしょうか?

誰が読むかわからない、あてもない文字を綴りつつも、

やっぱり誰かに読まれ、また、その時失礼にならないように、とも

ちょっとは気を遣いつつでも書き続けることが、この私に何をもたらすのか。

他者に尋ねて答えをもらっても何の糧にもならないことを

貴女が問いかけたときにいつか知って欲しいと想ったのです。

たぶん貴女がここを目にすることはないだろうと、そのとき私は予測していました。

だからこそ、私は貴女に応えることをしなかったのだと。

文字はすべてではありません。

ことばは書くほどに虚しくもある。

今も時おりそう想います。

貴女が貴女らしく、精一杯 

「今、この瞬間、この時」 を生きていることを

私は信頼し、そして確信しています。

グッド・ラック to YOU

and  グッド・ラック to ME.... ♥  ♥  ♥

それが私の応えです。

*トップ画像:広島平和公園の蓮の花。

|

« 「広島風お好み焼き」@湯田温泉(山口県) | トップページ | 『間違いだらけの山登り』 »

風の記憶」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/11094991

この記事へのトラックバック一覧です: グッド・ラック :

« 「広島風お好み焼き」@湯田温泉(山口県) | トップページ | 『間違いだらけの山登り』 »