« 三軒茶屋ウォーク(3) | トップページ | 大山山麓:日向の彼岸花 »

三軒茶屋ウォーク(4):大山街道

Sancha_oyamado_01_1 三軒茶屋の名称の由来は「三軒茶屋ウォーク(1)」で簡単に触れました。
大山街道は江戸時代に丹沢の大山にお参りに行く人々がいきかった道です。 
その街道の道標は三軒茶屋の地下鉄の出口を上がった脇の246号線沿いに今でもひっそりと立っています。

三軒茶屋界隈の地名は江戸時代に由来する名称を多く残しており、道標に書かれた名称は現在でも容易にわかる場所となっています。
Sancha_oyamado02

ここ(上記・写真2枚目)には右、富士...世田谷、登戸、道、と書いてあります。
なおこの道標は江戸時代に据えられたのとは別の方向を向いているとのこと。
詳細は案内版をご覧下さい。(クリックで拡大)

Sancha_oyamado_g

三軒茶屋から多摩川の方向(大山は川を越えて神奈川県)へ興味を持って散歩をすると、この大山街道の名残が世田谷区には史跡として残っているのに遭遇します。 
町の中に時折見かける現代の道標。
Oyama_oiwake

何気に通り過ぎている町の中にも深い歴史が隠れています。

【関連記事】 三軒茶屋ウォーク(1) (2) (3) 

|

« 三軒茶屋ウォーク(3) | トップページ | 大山山麓:日向の彼岸花 »

旅行・地域」カテゴリの記事

都内散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/12033526

この記事へのトラックバック一覧です: 三軒茶屋ウォーク(4):大山街道:

« 三軒茶屋ウォーク(3) | トップページ | 大山山麓:日向の彼岸花 »