« 【2006年8月目次】 | トップページ | 第18回世界文化賞受賞:マイヤ・プリセツカヤ »

お出かけの必需品

立山に行った時にアレレ?と思ったことがひとつ。
登山の達人の皆様もあまり着けていらっしゃらない。
絶対に必要ですよ、コレは...

サングラス!

必要なのは雪山だけではないのですね、これが...
長い間強い紫外線にさらされた眼は、白内障になりやすいというデーターも出ています。
肌には日焼け止めを、そして眼にはサングラス!

S&W 9層コートサングラス オゾン

この頃街中を歩いていても気になるほど紫外線が強い。
家に居ても窓が大きいと、知らぬ間に日焼けしてます。
そのあたりは女性のほうが敏感かもしれないけれど。
だったら自然の中はもっと強いでしょう。 
特に高所は遮るものがない。
それなのに、何故か皆さん眼には全然気を使わないようなのです。

JULBO/ジュルボ コロラド

ここに参考で載せたサングラスはどれもファッション用のサングラスではありません。
紫外線と他の可視光線の波をカットするアウトドア用のもの。
山専門の人、海専門の人、それぞれにカットしたい光線の波が違いますから、用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

デザイン的にはちょっとごつい。
これは脇の部分から入ってくる光もカットする為です。
またレンズの色が濃すぎるものは暗い中で瞳孔が開きすぎてかえってダメージが大きくなるそうですので選ぶときには気をつけてください。

眼がね君にはクリップオンのサングラスもあります。
度入りのものを作ってくれるお店もあるようです。 度+サングラスでちょっと高価になりますが外に出て活動する時間の長い人なら長期的に考えると便利だし安上がりなのかもしれません。

エッシェンバッハ・クリップオンサングラスソーラーコンフォート 450【SALE 50%OFF!】【ポイン...

自然の中にお出かけの際は、眼にはサングラス。 そして日焼け止めと帽子を共に忘れずにお持ちください。 もちろん日差しの強い季節の町中の散歩にもお忘れなく。


リンク記事: 紫外線から目を守ろう.

少々雲が多めでも、この時期は1年中で最も紫外線が強い季節。
日焼けが体に悪いことは最近、かなり知られるようになったが、白内障など、紫外線の目への影響は、まだよく知られてない。 世界保健機関(WHO)の紫外線防御プロジェクト「INTERSUN」の委員でもある金沢医大 大学院眼科の小島正美講師は「動物実験では、紫外線が目の水晶体(レンズ)を濁らせ、白内障を起こすことが確認されている。人の場合、まぶしいと目を細めたり、瞳が収縮して調節されるため、どのくらい紫外線を受けると白内障になるかは、正確な測定は難しいが、有害なことは間違いない」と指摘する。....


リンク記事: 紫外線と皮膚・眼について・・・横浜市衛生研究所

紫外線とは? 紫外線は、太陽光線(日光)の一部です。
紫外線は、赤外線とともに、眼では光として感じることができない光線の一つです。可視光線は、眼で光として感じることができる光線で、波長は400-770nmです。なお、nm(ナノ・メートル)は長さの単位で、1nmは10億分の1メートルです。可視光線の波長400nm付近は紫色、波長770nm付近は赤色です。赤外線の波長は、770nm以上、紫外線の波長は400nm以下です。紫外線(UV : ultraviolet)は、波長の違いによる生物学的影響の違いも踏まえ、光の波長によりUVA( ultraviolet A : A領域紫外線、長波長紫外線 ; 波長320-400nm)、UVB( ultraviolet B : B領域紫外線、中波長紫外線 ; 波長290-320nm)、UVC( ultraviolet C :C領域紫外線、短波長紫外線 ; 波長 200-290nm) の三種類に分けられます。なお、紫外線の波長による分類については、1932年の第二回国際光線会議で最初に提案されたUVAを315-400nm、UVBを280-315nm、UVCを100-280nmとする分類もあります。 下の図1をご覧ください...


|

« 【2006年8月目次】 | トップページ | 第18回世界文化賞受賞:マイヤ・プリセツカヤ »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/11719634

この記事へのトラックバック一覧です: お出かけの必需品:

« 【2006年8月目次】 | トップページ | 第18回世界文化賞受賞:マイヤ・プリセツカヤ »