« 目的に向かうには... | トップページ | キャピトル東急閉館と移転 »

呼子は必要?

呼子などと書くと「ん?」なのだが、ようはホイッスルのこと。
先日コンパスを購入したが、一緒に緊急用のホイッスルも入手した。 そして、その話をしたら高山専門に登る人から失笑をかった...(-_-メ)

Ashiwada1010701_2最初は熊よけだと思ったらしい。
そうじゃなくて...と説明。
たとえ呆れられても、こちらは大真面目である。
なんたって一人で自然の中に、たとえ整備されていようとも入る、という経験はないに等しい。 
実は高所恐怖症気味であるし、運動音痴ときている。 なんだか高いところに向かないような人が人生も後半のこれから、一人で出かけようというのだから、慎重にならざろうえない。
入門程度の低山や簡単なはずのハイキングコースでも平衡感覚を試されるような場所や極端な傾斜を感じはじめると、もう体が先に萎縮し始める。 そんな時は「おいおい、この程度でビビルなよぉ」と自分の体に向かって話しかけるのが常だ。 固まったまま動かない私のしっぽでさえ、恐れを訴えかけてくるから厄介だ。

Asiwada1010703_1先日始発電車で都内を出て訪ねた入門編の山は、時期もはずれて周囲は異様に静かだった。歩いて30分ほどした頃であろうか、早朝の静かな林の中、私はたった一人であることの事実の多くに耳を傾けることになった。
まだ鳥のさえずりも聞こえない時間、落葉が始まった林の坂の途中に息づいている動物は私一人だ。 
カサリともコソリとも音がしない。
いや、何か音がしたらかえって危険なのかもしれない。
もしこんな簡単な山道でもちょっとめまいなど起こしたら、一発で滑落だ。
誰もそのことを知らず、そして私も自力で動けるかどうかもわからない。
つまりそれはすなわち行方不明というだ。
しかし、このような山で事故を起こしたら本当に恥ずかしいではないか。
そこまで大げさでなくても捻挫などしようものなら立ち往生だ。
携帯が必ず入るという保障はまったくない、etc...
頭は非常に冷静に置かれている状況を観察していた。

それゆえ購入したのがホイッスルだ。
そしてさらにハイキング保険にも加入してしまった(^^ゞ

先にホイッスルの件で笑った知り合いは、そんなことはありえないと心配性の私を笑ったのだろうとも思う。 
だが私のような不慣れな者はどんな小さな不安要素も丁寧に取り扱っておいたほうがよい。
できるだけ準備を怠らないことはストレスを軽減するからだ。
身体に不安を残したままでも、逆に危機感を持たない鈍な身体になってしまっても非常に危険だ。 
だからといって恐れに縮こまって家に篭って過ごすような時間は嬉しくない。
ホイッスルも保険も使わないに越したことはない。
それにそそぐ幾らかのお金は今のところ惜しくはない。
自然の中に入るからには何処にかかる負担でも最小限にしておきいのだ。
それは自分に対してでもあり、もしものときに関わり合う人々にでもあり、そして何より受け入れ先の自然に対してでもある。

まぁ、とにかく、そのようなことも考えることなく自然に慣れて、早く自由に歩けるような体を作りたいものだ。 そうしたらその体験が、更に奥に進んでいける可能性を広げてくれるだろう。



 

|

« 目的に向かうには... | トップページ | キャピトル東急閉館と移転 »

お気に...なモノ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

ハイキング保険があるというのは知りませんでした(^^ゞ
着々と装備品が揃っているようですね。

以前炎天下を一人でトレッキング中に熱中症にかかりだし
意識朦朧として歩いていたことがありました(^^ゞ

辺りには自分の足音以外は何も聞こえず、やがて色々な妄想が
頭を駆け巡り始めました(恥かし~

担いでいるリュックの中でペットボトルの水が揺れて
音を立てているのにもかかわらず、何の音だろうと神経が過敏になっていました。

そんな時突然後ろからトレッカーが現れたら、・・・
慌てますよね~^^;

ホイッスルやコンパスなぞ、お使いになるようなことのない
コース、時期をお選びのうえ楽しみながら心身のご鍛錬に
励まれますよう願っております^^

私、けっして老婆ではございませんが、老婆心ながら(^^ゞ

投稿: ダイヤモンド | 2006-11-29 05:21

ダイヤモンドさま>
いつもそぉ~っと見守って下さってありがとうございます。
しかも過去の告白まで(^m^)
そうした場合、きっと体調不良と共に焦りが高まるのでしょうね。
実は先日絶対に間違うはずのないハイキングロードで道を間違ってしまったという体験が(-_-;) 
あまりに恥ずかしくて何処と書けません。
それも同じく整備された道であったので大きな危険はなかったのですがやはり未知の世界、自戒の意味も込めて書きました。
(戻ったら同じ分岐でうろうろしている人が他にもいたので、ちょっと間違いやすい場所だったかもしれませんが。)
知らない土地が多いのでできるだけグループに参加して、慣れたら同じコースにひとりで出かけてみるとか、そんな感じでいこうと思っています。 
今日もお天気にめげてひとりで出かけるのを延期してのレスです^^; 

ハイキング保険、時代でしょうか。
アイゼン、ピッケル、ロープ等を使わない程度の軽登山まではカバーされるようです。

投稿: ♪~ | 2006-11-30 12:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/12840327

この記事へのトラックバック一覧です: 呼子は必要?:

« 目的に向かうには... | トップページ | キャピトル東急閉館と移転 »