« 中国で山肌にペンキで緑化対策 | トップページ | 大倉山散策(1)梅林2007年 »

心躍る春一番

春一番が吹いて全国的にも大荒れに荒れた翌日、
強い風は残ったものの、空は美しく晴れていた。
07215fuji_1010841
澄んだ空、時折ザァ~ッと吹く風...
外出途中の風景に、
ふと山際に目をやると、そこにはくっきりと稜線が!

急いでカメラを手にして富士山の見える場所にでかけた。

07215fuji_1010842_1

輝く黄金の夕日。
こんな夕日の見えるとき、本当は天候が荒れるらしい...
島の反対側では暴風雪が続いたようだ。

荒ぶるものがひそんでいるから、こんなにも美しい光を放つ。

07215fuji_1010850

一瞬だからこそ輝きを放つ。

07215fuji_1010856

久しぶりに見る富士山の姿にしばし見とれる。

こんな風景に出会ったのは久しぶりだ。

心が躍った♪

私と同じように美しい夕日を見に展望台を訪れた人々と
しばし無言で感動をひとつにする。

自分の中の美しい世界の記憶として、
そっと心の躍動を持ち帰った早春の夕暮れ。


リンク: 「もう春一番・都心『初雪』前は初」-2007/2/14 -東京新聞

”気象庁は十四日、関東から九州にかけて春一番を観測したと発表した。関東で昨年より二十日、東海で同三十日それぞれ早い。東京都心で初雪観測前に春一番が吹いたのは観測史上初めて。 
春一番は立春から春分までに吹く南寄りの強風。 各地方で基準が若干違うが、関東では平均風速八メートル以上としている。 
この日は低気圧が日本海で急速に発達。低気圧に向かって南から暖気の流入が強まり、各地で強風が吹き荒れ、午前中に九州、中国、北陸、午後に近畿、四国、東海、関東で観測した。 最大瞬間風速は千葉で三〇・二メートル、横浜で二八・三メートル、東京都心で二二・〇メートルを記録。暖かい風の影響で気温も上がり、都心では午後六時半に一七・三度まで急上昇した。”


|

« 中国で山肌にペンキで緑化対策 | トップページ | 大倉山散策(1)梅林2007年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

風の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/13927096

この記事へのトラックバック一覧です: 心躍る春一番:

« 中国で山肌にペンキで緑化対策 | トップページ | 大倉山散策(1)梅林2007年 »