« 大倉山散策(1)梅林2007年 | トップページ | 大倉山散策(3)熊野神社~獅子ヶ谷住宅 »

大倉山散策(2)裏道探索~太尾町

07ume_r0010375_1 早春の香り漂う「大倉山梅林」を後にして、次の目的地、獅子ヶ谷住宅へ向うことに。
手元にあるのはネットで入手したちょっと掴みにくい地図のみ。 
土地勘が薄いのでわかりにくい。

まずは、梅林公園の裏手に抜けてみることに。

意外や意外、そこには風情ある白壁の通りが...

07ume_r0010377_2

その静かな道を散策しながら公園から来る人、行く人。
その白壁の主は古いお寺。


このお寺がかつての大倉山梅林の持ち主、龍松院に違いない。
そうとう古いお寺のようで門の中を覗くと文殊菩薩が祀ってある。
怪我魔除、縁結び、智恵円成、開運出世、福徳円満、家内安全、家業繁昌に徳があるという。

07ume_r0010376_2

後でネットで調べてみたところによると、このお寺は曹洞宗、臥龍山雲松院の末寺として室町時代に開山。
時の領主、二代目小机城主笠原能登守康勝が北条早雲より授かった文殊菩薩を祀ったとされている。


さらに先を行く...

お寺を過ぎるといきなり牧歌的な風景が広がって、駅の商店街付近しか知らなかった私はびっくり。

07ume_r0010379 07ume_r0010382

野菜スタンドが設置してある。
おいしそうな大根やこの時期ならでは、またこちらでは珍しい聖護院大根などがお安いお値段で置いてあった。 残念ながら先があるので手に提げて歩くことは泣く泣く諦めた。 またの機会に...
このあたりは畑がたくさんあり、まだまだ農家の趣が残っている。
そうした家の門前に小さなスタンドがいくつかあった。
畑の道、暖かい早春の陽射しを浴びながら、駅方面にぶらぶらと歩く。

07ume_r0010383_1この辺りには道端に祀られているお宮や神社仏閣が非常に多いことにさらに驚く。

しかも駅名は「大倉山」だが、地名は太尾町という。
昔はこの辺りまで海があったという。 そこに飛び出た岬が大きな魚な尾に似ているところに由来するそうだ。
なるほど、私たちは海辺の岬を歩いている、というわけだ。

都心からそれほど遠くないはずなのに、とても遠い土地に旅に出たような錯覚に陥った。
(その理由は個人的な感覚であったが、後でクリアになった。)

とにかく、当初の予定通り獅子ヶ谷住宅に向う為に再び駅まで戻ることに。
どうも目的地は駅を挟んで反対側の方向らしかった。
私たちは大倉山の裾をぐるりと大廻して半周するようなルートを歩いていたのだった^^; ...(つづく)

【関連記事】
「大倉山散策(3)熊野神社~獅子ヶ谷住宅」
「大倉山散策(1)梅林2007年」
「大倉山梅林」

【アクセス】神奈川県港北区太尾町...

大倉山~太尾町

|

« 大倉山散策(1)梅林2007年 | トップページ | 大倉山散策(3)熊野神社~獅子ヶ谷住宅 »

大倉山散策」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/13971690

この記事へのトラックバック一覧です: 大倉山散策(2)裏道探索~太尾町:

« 大倉山散策(1)梅林2007年 | トップページ | 大倉山散策(3)熊野神社~獅子ヶ谷住宅 »