« 桜だより 2007(3) | トップページ | 腑に落ちる »

知る...

小さい小さい緑色の植物。

07323takao_r0011305

なんだかとってもちっこい雑草。

誰かが教えてくれる...これは○○ネコの目△×○

○×△ネコの目???
変わった名前。
時間もなかったので、やがて忘れて歩きに集中。

07323takao_r0011307

数週間後、誰かがカメラの画像を見せる。
早春のごく限られた時期しか見ることのできない花だという。
赤い葯の袋が鮮やかな小さな花々。
ハナネコノメ、というらしい。

んん? それってアノ雑草???
もう咲き終わっているかも、て。

W_r0011320

やっと残っていた花を見つけると、心の中は大歓声!
なんとゲンキンな奴なんだ、おまえは。

知らなければただの草。

知らなくても生きていけるけれど

知れば一瞬にして心の宝石。

W_r0011310b_1

【ハナネコノメ(花猫目)】 ユキノシタ科ネコノメソウ属
名前の由来は種が弾ける前の様子が猫の目に似ていることから。
開花期:3月中旬~4月。

撮影:高尾・日陰沢にて3月後半。2007年の見時は3月上旬でした。

|

« 桜だより 2007(3) | トップページ | 腑に落ちる »

心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

風の記憶」カテゴリの記事

コメント

某所の続きで・・・(^_-)

毎朝桜の絨毯を歩きながら季節の移り変わりを
感じています。こちらも桜もぼちぼち葉桜へと
変わりつつあるようです。

ビルの谷間に咲く江戸の桜もまたいいものですね。
よい花見をさせて頂きました。


名も知られることもなく咲き続ける花も多い・・・
ん~、考えさせられます(静寂

投稿: ダイヤモンド | 2007-04-12 17:17

銘木を運びいれ、剪定し、形作られた庭の姿を自然と思う人あり。 
山に出かけて小さな足元の草にかがんで目を寄せ知ろうとする人もあり。 それぞれございますね。
しかし美しく作られた庭に雑草はご法度。
土壌と環境の違いは育成にも影響します...と某所での続き(^^ゞ

ブログお花見に足跡ありがとうございます。
思いもかけないところで今年は桜に遭遇です。
風に舞う花びらをコンデジでは再現できないのが残念です。
ダイヤモンドさんのお近くの木々は緑色に変わってしまっても、毎朝の一人と一匹のお散歩姿を眺めているに違いありません。 
実は見られているのは人間のほうかも?!(^m^)

投稿: ♪~ | 2007-04-13 02:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/14609436

この記事へのトラックバック一覧です: 知る...:

« 桜だより 2007(3) | トップページ | 腑に落ちる »