« 奥多摩・御岳山(2)/ロックガーデン | トップページ | 早朝のお客 »

真夏の夜のファンタジー☆彡

都心でもタイミングさえ合えば流れ星を肉眼で見ることができる。
2007年のペルセウス座流星群は新月となった8月13日未明がピーク。
夜半過ぎ、慌ててベランダに出る。
お盆休みに入った都内はシーンという音が聞こえそうなほど静かだ。
好都合なことに車が少ないせいか空も普段より綺麗な気がする。

わずかだが風もあって、昼間の猛暑よりは若干気温も和らいでいる。
しかし空は厚い雲が地平線をぐるりと取り巻いて、そのうち空全体が雲で覆われるのではと思えるほどの迫力で迫ってくる。
街の灯りが反射して白く夜空に輝く雲の美しさにしばし気をとられる...
おっと!雲り空にならないうちに、星をしっかり見なくては。
雲に隠れそうになった目の前の星の集まりに、一回だけでも見せてください、と心でお願いする。
と、真正面に明るく大きな閃光が赤い光を伴って流れた!
まるで花火の光のように鮮明で、ソレは他のとはちょっと違うタイプの流れ星だ。

これで今夜一夜の運を使い果たしたかも、というほどに個性的な流れ星。
欲張りな私はもう少し探そうと再び空に目を移す。
と、今度は羽が空に白く浮き上がる鳥の群れが視界を横切っていく。

き、きれい...

渡り鳥の集団の神々しい姿に、時と場所をすっかり忘れ去った。 
↓あの鳥たち、まるでこの本のイラストみたいだ。

Prince

久しぶりにすっかり夜空に魅入られた私は、その後も1時間ほど天上を見上げて過ごす。
地平線を取り巻いてこちらに向かってきていた雲はすっかりなくなって、頭上はぽっかりと晴れていた。
移動していく赤い小さな点は飛行機か、はたまた人工衛星か。
この夜の収穫は全部で3個。
後で見た2個の流れ星は白くて長い尾を曳いて、すーっと消えていった。

夏の夜の空気に魅入られると、時折自分の時空軸が飛んでしまう。
まるで宇宙に漂っているような、そんな気分になってしまう。
なんともいえない幸せな時間。

日の出まではまだまだ時間があるのに、やがて空は徐々に薄明かりを伴いはじめる。
さぁ戻らなくては、今日の時間に...

おやすみ。

そして、おはよう。

|

« 奥多摩・御岳山(2)/ロックガーデン | トップページ | 早朝のお客 »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

風の記憶」カテゴリの記事

コメント

やはり今年の夏も暑いです。
熱帯夜の日数も記録破りになるとか(ーー;)

夜、屋根裏に出てみると涼しい風が吹いてくることに気づきました。
この日はお盆の初め、そう言えばこの時期流れ星が
たくさん降ってくることを私も知っていました。

早速寝そべってしばらく真っ暗な上空を見ておりました。

結局ひとつも見つけられませんでしたが(^^ゞ
いい夕涼みになりました。


昔から、これを見つけると願い事が叶うといわれる流れ星。
3つも見つけられたハナ♪~さんに良いことがありますように!


私のブログシステムをバージョンアップしようと
お盆休みの間に気軽にやったは良かったのですが・・・

みごと失敗ッ。

メールでしか受け付けてくれないサポートセンターとの
気の遠くなるようなまったりとしたやり取りの最中でございます(^^ゞ

ということで、更新が止まっています。

投稿: ダイヤモンド | 2007-08-15 16:15

残暑お見舞い申し上げます
今年は東も異様に暑いです。
40℃を越した地域がでましたね。

☆彡 おぉ~、出てみましたか♪
川風があるといくぶんか空気も和らぐのではないでしょうか。
見えても見えなくてもじんわりと夜空の空気が染みてくる静かな時間をお持ちになられたなら(^^)vですね。
私は願い事はしなかったのですが、この夜の時間がプレゼントだったのかも。
翌晩も出てみたところ街はすでに帰省の車の雑音も含め、いつもの都会に戻っていました。

メンテは手間隙かかりますね。
更新されてもされなくても、勝手に覗いてますので、どうぞこちらにお気遣いなく。
あのモノクロ写真には毎回どきっとします。
モノを言わぬゆえの存在感と土地の人々の想いでしょうか。
今年はなるべくTVでも終戦関連の番組を見るようにしていました。
昨夜のBSの吉永小百合の朗読会のドキュメントは私には興味深い内容でした。 

投稿: ♪~ | 2007-08-16 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/16095296

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜のファンタジー☆彡:

« 奥多摩・御岳山(2)/ロックガーデン | トップページ | 早朝のお客 »