« 【2007年7月目次】 | トップページ | 涼!奥多摩御岳山・ロックガーデン(1) »

奥多摩・御岳山(1)/レンゲショウマ

写真を撮る為に単独で散策程度の道を歩きに奥多摩の御岳山に出かけた。 集団での時の過ごし方もあり、 またひとりなら更に内的時間をギュッと凝縮♪ 

Mitake_eki_2時折歩きに出る私だが、グループの場合写真をじっくり撮っている時間がない。 許される範囲内でシャッターを切るだけで、いつもビリケツを歩くことになってしまう。
それでも欲は消えず、気を使いながら急いで写した写真は、シャッターを押した数の甲斐無くピンボケ、ブレが多くなり、かえって立ち止まる時間がもったいないくらいの空振りばかり。
まだまだ見るものがすべて珍しく、そしてわき目もふらずで目的地目指して歩くことに虚しさを覚える私にはこの写真の時間は不可欠なのだ。 (青梅線沿線には情緒のあるデザインの駅が多い。 写真:御岳駅。)

Mitake00_2今回選んだ道はほぼお散歩コースである。 ケーブルカーで登れる御岳山は人気のハイキングコースで、周辺の山への縦走の拠点にもなっている。
そして御岳では有名なレンゲショウマの群生(天然の自生ではない)が咲き始める頃でもあった。
(御岳山ケーブルカーは”むささび号”と”あおぞら号”。こちらはむささび号。)

【info】御岳山ー秩父奥多摩甲斐国立公園観光ガイド→こちら

一週間前(7月の終り)に訪れた時は1,2本程度の開花。 今回は若干咲いている本数が増えたが、レンゲショウマの最盛期はまだまだこれから。 
蝉の音の響く森に誘われながら、咲いている花を探す。
→蝉の音の動画はこちら 

時折蝶々の姿に気をとられ、思わずカメラで追いかけっこ。
ここにもアサギマダラが生息するのを知る。
【過去記事】「2千キロの旅をする蝶:アサギマダラ」
Mitake_chou02_3

そしてモンシロチョウの清楚な美しさにびっくり。

Mitake_chou01

お目当てのレンゲショウマ。 
蓮華升麻=蓮の花に似ていることから付いた名前。

Mitake_flow02w

御岳のレンゲショウマの群生地は山頂駅の広場の脇の緩やかな坂を上がった斜面にある。 看板が出ているので間違うことはない。 ここは自生ではなく、地元の人々の手と努力によって群生している。

Mitake_flow05
(写真全部:2007/8/3現在。レンゲショウマの群生地は最後の写真でわかるようにほとんど蕾状態。)

群生地で花を探しながらゆっくりしていたら、1時間半も経っていた。
急がないと...^^; 

「(2)ロックガーデン」につづく...

レンゲショウマ

|

« 【2007年7月目次】 | トップページ | 涼!奥多摩御岳山・ロックガーデン(1) »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/16044823

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩・御岳山(1)/レンゲショウマ:

« 【2007年7月目次】 | トップページ | 涼!奥多摩御岳山・ロックガーデン(1) »