« 線路は続くよ... | トップページ | 更新のお知らせ »

2007年・夏の記憶

Mt07718fuji_ochudo2007年の夏は天気に祟られた。

初夏に快晴の日が続き、水不足かと思われたのもつかの間、巷が夏休みに入る頃には不穏な天候続き...

全然明けない梅雨の空模様。
台風も来たりして...(涙)。

濡れた赤い溶岩。 
真っ白な風景。

春先から山に出かけるのもレインコートを羽織り続けたことを思えば、その延長と諦めもつくか...と。

R0012853w

滞在時間よりも往復路が3倍かかった木曽路。
ポツポツ程度で途中霧も晴れ、雷予報も予報で終わり、ラッキーでしょう。

なによりこのコと初対面。

Pa0_0002w

降らないだけヨシとしないと。

いえいえ、やはりそれは嘘。

夏の季節には青空が似合う。

やはり青空は大切!

Mtfutago_1_2久しぶりに晴れ上がった空に心躍る8月の信州の空。

しかし自然は正直で、空はすでに秋の雲。

下界は30度を越える猛暑がひたすら続く... が、

2000M近い山は20度を下回る。

天然の涼しい気温を体感するのはどれくらいぶりか。

涼しいという言葉があるのを忘れかけていた。

なんとも贅沢な日帰りハイク♪

嬉♪♪♪

キラキラ光る夏の名残の陽射しに照らされる緑の中を歩く。

Mtfutago_3

おっと、今日は久しぶり。 なんだかバランス取れないぞ。

気をつけていきましょう。

ゆっくりと、確かめながら...

そして夏の終わりに始まった、私の夏は駆け足。

Hotaka01

(続きはのちほど「マイフォト」にUPの予定です。)

写真上から:富士山お中道/千畳敷カール/黒百合/双子山/双子山より蓼科山を望む/安曇野・穂高駅

|

« 線路は続くよ... | トップページ | 更新のお知らせ »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

富士の赤い溶岩には大切な想い出があります。

めずらしい黒百合の花にも出会えて
この夏は多くの山に行かれましたね。

色々な表情の雲が和みます。

投稿: ダイヤモンド | 2007-10-26 06:44

早速ご覧頂きありがとうございます♪
赤い溶岩...上まで行かれたのでしょうか?

何か取り留めのないアルバムになってしまっていますが、お天気がいい日はやはり空の青さに思わず目がいってしまいます。その時の雲のつくる形の美しさに魅了されっぱなし。
お天気がいいとバカチョンコンデジでも写りが良いですね。
今後のリサーチも兼ねて(<おおげさ(笑))、あちらこちら出かけた夏でした。
実はUPしてない写真でベターなものもあるのですがそれはちょっと寝かせております。
それとアルバムの続編がちらりとあるかも...この項目の最後の写真関連のものを1枚も使っていないので^_^;

投稿: ♪~ | 2007-10-26 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/16759905

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年・夏の記憶:

« 線路は続くよ... | トップページ | 更新のお知らせ »