« 桜だより 2008(10):馬事公苑 | トップページ | 貴重な原生林に赤ペンキ:鈍感になった日本人 »

20日早い梅雨入り

Imgp1171w080530_2

今年は桜を都内で十二分に楽しんだ。
遅咲きの桜を入れれば1ヶ月は桜月間だった。

新緑のグラデーションが徐々に濃くなり、雨の日が普段よりも多かった東京は、寒暖が行きつ戻りつしているうちに初夏の装い。

天気が良い日でも空気の冷たさはまだまだ続き、体が中から冷えやすくなってくるのもこの時期の特徴。
体内から毒素を排出しにくい時期となる。
衣替えをしても、季節のファッションに頼らず腹巻ぐらいこっそりと着ける気遣いは体の為かも。

関東は本日入梅。

いつもよりも20日早いとか。
猶予なしですか...

こうなったら梅雨の晴れ間、というのを狙ってまめに出かけるしかないか。 
いえ、雨対策にレインコートに防水スプレー、エトセトラ。
梅雨の空の重さに負けず、動くとしましょう。

080530tutuji

追記:31日間ある5月中に東京で雨が降った日はなんと20日間あるそうです。

------------------------------------

リンク: 近畿、東海、関東甲信で梅雨入り 関東甲信は昨年より20日早く(産経新聞) --2008/6/2.

”気象庁は2日、近畿、東海、関東甲信の各地方が梅雨入りしたとみられると発表した。気象庁によると、近畿は平年より4日、東海と関東甲信は6日それぞれ早く、昨年に比較すると、近畿と東海は12日、関東甲信は20日も早い梅雨入りとなった。
日本列島では沖縄と奄美では5月22日にすでに梅雨入りしている。
2日は日本の南海上の前線の影響で近畿、東海、関東甲信の各地で降雨となっており、気象庁は日本列島は今後1週間、前線などの影響で曇りや雨の日が多い見込み。
平年では梅雨明けは関東甲信、東海地方が7月20日ごろで、近畿地方は7月19日ごろとなる。”

|

« 桜だより 2008(10):馬事公苑 | トップページ | 貴重な原生林に赤ペンキ:鈍感になった日本人 »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

今年の梅雨はしっぽりとして
あの猛暑に向けてしっかりと大地に水分補給を
してくれてそうです。

投稿: ダイヤモンド | 2008-06-04 10:25

ダイヤモンドさま>
水源行脚に出かけておりました為、レス遅くなりましたm(__)m
この夏は猛暑との予報が...sun
汗を流しながらでもフットワークは軽く、といきたいところですネ。

投稿: gh | 2008-06-07 08:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/41403785

この記事へのトラックバック一覧です: 20日早い梅雨入り:

« 桜だより 2008(10):馬事公苑 | トップページ | 貴重な原生林に赤ペンキ:鈍感になった日本人 »