« 貴重な原生林に赤ペンキ:鈍感になった日本人 | トップページ | 東京タワー2010 »

またいつの日か...

またいつか...
山の気の強い場所で、月を観ながら能を愛でたいと想った。
そんな久々のフィーリィング。
今日の舞台にすっかりやられてしまったようだ...

Nougakutuki

都心にある国立能楽堂の上には満月に近い明るい月ひとつ。

今日の演じ手は野生味たっぷり。

野の草花、

山から吹く秋の風、

そんなものに触れながら、

観てみたかった...月と能舞台。

いつかまた、そんな場所に帰れることを夢見て、私の旅は続く...

面が多用な表情を見せる時、その感覚は起こる。

面白い! 素晴らしい!

エキサイティング!

...どれも能楽師の技術には言及していない言葉だ。

けれども、面が語る師、語らない師、その多様な姿を観るとき、

やはり私の魂は、吸い付いたように能楽師の謡いに魅せる、

さまざまな面影に、心奪われるのだ。

これは技術ではない。

スピリット(魂)と肉体との成せる技。

いつか私も、戻りたい。

心と魂の偽りない世界へ。

宴の終わりに、ふと想うかの地。

また呼んでください、、、訪れる季節を。

そうやって私は、人生の季節に沿っていきることを知るのだから。

写真:国立能楽堂

|

« 貴重な原生林に赤ペンキ:鈍感になった日本人 | トップページ | 東京タワー2010 »

自然」カテゴリの記事

都内散策」カテゴリの記事

風の記憶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102624/42195828

この記事へのトラックバック一覧です: またいつの日か...:

« 貴重な原生林に赤ペンキ:鈍感になった日本人 | トップページ | 東京タワー2010 »