カテゴリー「心と体」の記事

「私が死んだらびっくりする」 つくばの男性が1億円寄付

リンク: 「私が死んだらびっくりする」 つくばの男性が1億円寄付(産経新聞) -2007/10/4.

"今年3月に87歳で亡くなったつくば市出身の男性が、遺言により同市社会福祉協議会(久保田尚勇会長)に約1億円を寄付した。これを受け、同協議会は3日、親族に感謝状を贈呈した。  
寄付したのは故・皆川重兵衛さん。生前、資産を銀行に託し、死後、銀行を通じて同協議会に大金が寄付された。  皆川さんは大正8年、旧田井村(現つくば市)の生まれ。父が眼科医という裕福な家庭で育ったが、戦後の混乱や病気による父の医師廃業で一度は、資産を失った。その後は、日用品やお茶などの行商をしをしながら両親と3人で倹約生活を送り、蓄財したという。

 生涯独身。最近は近い親族もなく、平成16年からは石岡市の特別養護老人ホームに入所。周囲には日頃から「私が死んだらびっくりする」と口にしていたという。......."

(^◇^)ブラボー♪

続きを読む "「私が死んだらびっくりする」 つくばの男性が1億円寄付"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原点...

拾ったニュースの分類がエンタメというのが現在のこの記事への認識。 本来は社会、文化面に分けるのが正統かと。

リンク: ネパール航空、機体の不具合受けヤギ2匹をいけにえに - 2007/9/5 ロイター .

"国営ロイヤル・ネパール航空は4日、保有するボーイング757型2機のうちの1機に技術的な不具合が出たことを受け、ヒンドゥー教の空の神をなだめるため、いけにえとしてヤギ2匹をささげたことを明らかにした。 ロイヤル・ネパール航空は過去数週間、この不具合のために何便かを運航中止にしなければならない状況だった。

続きを読む "原点..."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

都心でも行動食が普及...か

人間としての的確なボーダーが引けないからなのか、逆にボーダーレスの人々の行動が取り上げられて久しい...電車やバスで化粧をする、普通の電車の中でコンビニ寿司を集団でつまむお食事中の女学生の話題、車内でジベタリアンになっている若者等。
ニュースによって現代の風潮は伝わってくるものの、それはマナーの向上や抑制への鍵とは無縁のようだ。 ボーダーレスのあそこもここも私の家の茶の間感覚の世界は一向に止まらないどころか加速している。 
”それは醜いから禁止!”という規約がないと動けない阿保な人々で埋まった日本。

続きを読む "都心でも行動食が普及...か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”おんな”というもの

結婚している方ならピン!とくることもあるやもしれませんが、女性(妻)というものは思い切りのいい存在。
生きる根源により忠実で男性よりも強く根付いているのです。

続きを読む "”おんな”というもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「めざめて生き、めざめて死ぬ」

だらだら継続している本棚の整理。
先日ふとしたきっかけで介護のお仕事をされている方とお話する機会をえた。
もうひとつ何かを、ということで道具としてのアロマに興味をもっていらっしゃった様子。 行き先を探していた手元のアロマ関連の本を何冊か引き受けてくださるというありがたい出会い。

初対面の彼女にははっきりと言わなかったけれど、私を支えてきたのはこんな想いだ...

人間は霊的な存在で目に見えるものや言葉であらわしている事柄がすべてではない” と。

だが、ほとんどの人々はそれを忘れて生きている。

続きを読む "「めざめて生き、めざめて死ぬ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノチに素直...

管理人、この頃すっかり遊びグセがついてお仕事に鳥が鳴いています。
人間に飽きれることが多くて興味が持てなくなってしまっていることも要因。 それは外さまのせいにばかりもできないことではあるが…

さて、そんな風なこの頃なので昼でもTVを入れる時間ができるわけ。
世の中すっかり荒れ果てて、頭だけでは到底わからなような ”何故” を捜してうおうさおうしている大人達。
そんな時、午前中のバラエティ&トークのような番組で珍しくイノチに素直な再現ドキュメントを見た(この日のテーマは”手紙”)。

続きを読む "イノチに素直..."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UVカット衣類のケアに!

最近では天気予報の時間に紫外線指数を提示する番組が増えた。
紫外線が強いのは真夏、と思っている人も未だに多いようだが、4月に入った段階で徐々に強くなり5月には最強。
つまり「暦の上での夏」に紫外線がとても強くなる。

毎年いくつかのUVカット商品を購入している私。
手袋や長袖シャツから、この頃は山歩き用の衣類が加わったのでUV加工品が増えた。
ただし、気になるのは洗濯してその後のUVカット率。
お手入れの為の洗濯後は生地の目の変化により、UV加工は当然ながらどんどん薄れていくというのが大方のメーカーの説明だ。
たぶん数回で普通の衣類になってしまうのではないだろうか。
山に着ていったら汗とほこりで帰宅後即、全部洗濯である。 それでは当然ながら割高なUV素材品もすぐに普通の状態に戻ってしまっているに違いない。
UVカット加工は年々進化していて、洗濯後も効果が薄れないことをうたった商品も出てきたが、まだまだである。

そこに朗報!

続きを読む "UVカット衣類のケアに!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腑に落ちる

言葉の中には身体に関係のある表現が多い。
中でも「腑に落ちる」という感覚は私の中で無言であって雄弁な大切な感覚だ。
それは私の中の永遠の「何故?どうして?」に連なるものだから...

たとえ人に頭が悪い、と言われたとしても、この感覚がないと最終的には何もわかってない自分が続いていくのだ。
ある意味消化力が弱いのかもしれない。

続きを読む "腑に落ちる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知る...

小さい小さい緑色の植物。

07323takao_r0011305

なんだかとってもちっこい雑草。

続きを読む "知る..."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

己の定義を見直す...

0610tokyo_view_1
いつの頃からか、「根暗」という語彙が定着した日本(すでに死語かもしれないが)。
それから日本は何処に行き始めたのだろう...

続きを読む "己の定義を見直す..."

| | コメント (0) | トラックバック (0)