« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008-12-31

2008年もありがとうございました

Pa0_0004今年は更新回数もぐっと減ってしまいました。
変わらずアクセスしてくださった皆様、ありがとうございました。

今年の観劇ラストステージは12月28日、日生劇場の『ラ・カージュ・オー・フォール』の千秋楽でした。

劇場前にもすでに門松が並んでいました。

2009年はどんな一年になるでしょうか。

新作ミュージカルも軒並みラインアップされている模様。

楽しみですね。

来年も亀の子更新のブログになると思いますがよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。

| | コメント (2)

2008-12-28

『ラ・カージュ・オー・フォール』日生劇場・千秋楽

081228lacagep1チケット買っていたのを忘れそうになってしまうこの頃。
2008年の観劇は市村正親最後のザザ『ラ・カージュ・オー・フォール』東京千秋楽で終える。

前半のレビューのシーンは豪華だが、もう少しカルトぽく興行してもらって小劇場なんぞで公演するとよりいっそう怪しげなナイトクラブ風になるかもしれない。
なーんて贅沢なことを考えてしまった。
最近すっかり定番になったホリプロの大御所2大スターの顔合わせでは無理だけど。
レビュー衣装はゴージャス! スパンコールのドレスは20キロあるとか。

開演には到底間に合わないと思っていたので、序曲の演奏が長くて助かった。
スイマセン、そういう問題ではないですね...冷や汗。

実はこのミュージカルに関しての予備知識はゼロなのだった。
観劇することに復帰したのはここ数年のこと。 もちろん市村ザザ、見てません。
知っていたのはフランス映画の『Mr.レディMr.マダム』が米国でリメイクされた事ぐらいである。
今回調べてみたらシアター・アップルで戯曲版の方が数年前にかかっていたようだ。

前半はちょっと舞台と距離があった。しかし後半はドタバタと物語が進むにつれ、知らぬ間に頭はからっぽ、そして舞台の物語と同化していた私だ。
それもここから引っ張られた、という感じなく、一瞬にしてジョルジュとアルバンの家の居間に同居してしまったのだ。
まじでワープしたという感じ(笑)。

続きを読む "『ラ・カージュ・オー・フォール』日生劇場・千秋楽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-12-22

『エリザベート』(2) 2008年帝劇

08122820erizadeco_2 エリザ中毒になる前に東京楽も目前でチケットも完売。
財布の中身が助かったなーという年末である。

あまり目新しいこと書けないのだけれど、一応2回目の感想UPです。

2回目の『エリザベート』のキャスティングはこちら。

続きを読む "『エリザベート』(2) 2008年帝劇"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008-12-20

『エリザベート』(1) 2008年帝劇

08122820erizaplお久しぶりの帝劇です!
いつ以来???...と自分のブログをチェック。
なんと5月の『ルドルフ』以来です。

大分早い時期からの先行でお安いお席を入手していたので、待つ時間も長かった。 とはいうものの最近は野に山にと外に出ている事が多すぎて前回の観劇レポ以降、能楽のほかは『ベジャール追悼』の東京バレエ団シリーズ以外ミュージカルもお芝居もご無沙汰。
(余談ですが2月にはギエムがもう一度『ボレロ』踊ります。必見よ!)

着席時に聴こえてくる久しぶりの生オケにワクワク♪~
エリザベートの配役を一新しての今回の『エリザベート』、2回観劇予定のうち最初の1枚は大冒険してみることにしました。

続きを読む "『エリザベート』(1) 2008年帝劇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »