« 『ジェーン・エア』 | トップページ | 麗しの日生劇場 »

2009-12-07

『12人の怒れる男たち』

Cai4jwvy 日曜日の午後、コクーンでの千秋楽。

久々の鑑賞時間のような気がする。
(能楽をのぞけば、ホント久しぶりであったことをここを読み直して再確認)
1階前方に張り出して設置された舞台がまぶしく目に映る。

何がすごいって、この作品のオリジナルは1954年製作のTV(後に1957年米映画化)であるということなのだ。
すでに作られて半世紀が過ぎたこの作品が示すところの普遍性、そして今ようやく日本でもリアリティを持って提示されるテーマ。

演出家、蜷川幸雄の力量をようやく見た気がする。
原作の力もあってか、変な甘さが抜けた緊張感がここちよい。
アンコールで呼び出された彼は相変わらずエネルギッシュで、実年齢を忘れさせる。
この作品を今上演するという選択がすごい。

日本が未だにどれほど世界から遅れをとっている国なのか、それをありありと思い知らされた。
別に陪審員制度導入とかそういうことではなくてね。

多民族構成の陪審員を見た目同じような日本人が演じ分けるという至難の業もあったが、うまくこなされていたようだ。
陪審員三号(西岡徳馬)の激情おやじぶりはまるであて書きのようにも見える好演。
どの役も主役と同じ重さをもった絡み合いの深い心理劇。
まるで生きることへ対峙する精神的深さの必要性をも暗示しているようだ。

怒りの影にあるもの...

この作品を観た他の観客の目にはどう映ったであろうか。

ヘンリー・フォンダ主演の映画版をまだ見ていない。
ぜひ近いうちに鑑賞してみたい。

2009/12/6 Bunkamura シアターコクーンにて。

ーーーーーーーー

余談:
このころのアメリカって、たとえば『ウエストサイド物語』。
そしてストライプのワイシャツが印象的な陪審員12号の職業は、『奥さまは魔女』のダーリンと同じだったりする。
そんな風な時代背景。

|

« 『ジェーン・エア』 | トップページ | 麗しの日生劇場 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『12人の怒れる男たち』:

« 『ジェーン・エア』 | トップページ | 麗しの日生劇場 »