« 『国盗人』再演 | トップページ | 『冬のライオン』 »

2009-12-25

『パイレート・クイーン』

前々楽の舞台を観た。

アイルランドは遠かった。

深い蒼の海が見える頃には、後半三分の一が終わっていた。

『ウエストサイド物語』の刹那的な躍動感にも似たアイリッシュダンスのシーンはあったが、全体的には優等生の可もなく不可もない、極めてフォーシーズン的な舞台であったといえる。

女性が主題の演目だけにもったいないことであるが、万人向けのエンタメと考えれば、いままで接してきた東宝ミュージカルとはちょっと異質な流動的アピールは備えているといえよう。

しかし、ほんと役者とは大変な職業である。
キング山祐のあの若さ、フレッシュさ、そしてサブとして登場する若い存在感。
笑顔がすんばらしいので、許してしまうよ。

宝塚OBばかりが正面に出る帝劇の舞台に、別の風が吹いたのは言うまでもない。
その風がどこに向かうのか、これからもじっくりと見届けたいところではある。

2009/12/24 マチネ@帝劇

|

« 『国盗人』再演 | トップページ | 『冬のライオン』 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『パイレート・クイーン』:

« 『国盗人』再演 | トップページ | 『冬のライオン』 »