カテゴリー「伝統芸能・歌舞伎」の記事

2009-01-28

歌舞伎座建て直し

あー、1月はついに行けなかった。
今月は玉ちゃんの道成寺が再演。

さよなら公演で華やかな演目が続いている歌舞伎座ですが、
新しい建物の構想が発表されたようです。

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20090128-OYT1T00471.htm

続きを読む "歌舞伎座建て直し"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008-01-31

『連獅子』 (寿初春大歌舞伎・夜の部)

幕見にて前回見逃した評判の高麗屋親子の連獅子を観る。
1月は連続して能楽に走っていたので、危うく見逃しそうになっていた。前楽に駆け込み(最近こんなことが多い)。
正月太りがたたって、4階までの階段がなが~く感じましたワ。
すでに幕見は立ち見席のみの満席。

続きを読む "『連獅子』 (寿初春大歌舞伎・夜の部)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007-12-28

2007年『十二月大歌舞伎・夜の部』

Kabuki071226277w_3昨年も12月の千秋楽に訪れた歌舞伎座。
久々である。

私のお目当てはもちろん玉三郎の『ふるあめりかに袖はぬらさじ』。 
相変わらずの駆け込みで、他の演目に誰が出ているのかチェックせずに歌舞伎座に到着。
今年はほぼ満席状態に出演者と演目の人気を知ることとなった。
しかも写真入の筋書はすでに売り切れ(涙)。
こんなこともあるんですねぇ。

と、混雑もどおり...人気役者が揃っての出演。
海老蔵、勘三郎が出演の『寺子屋』が夜の第一幕。

続きを読む "2007年『十二月大歌舞伎・夜の部』"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007-11-09

貴重な時間

11月は国立能楽堂皆勤賞をもらうつもりの予定です^_^;
スタートの昼の定例『禰宜山伏』では野村万作親子3代が並んでの公演。
代々が並んでの作品はとっても福福しい感じです。
大黒様役の孫の成長も著しく、足の運びもすっかり板について子供らしく軽やかに橋渡りを通る姿に時の過ぎる早さを知らされます。
大黒様にちょうどいい年齢なのかな? なかなかによいサイズでした。

西の福福しい狂言家一家といえば茂山家ですが、長老千作じぃが肋骨を骨折で休養、安静のニュースが入ってきました。

続きを読む "貴重な時間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-06-10

やっぱり良いよ、能楽。

Nogaku5月は世田谷パブリックシアターにて『現在進行形:「鐵輪」』の初日を鑑賞後、しばらくは能楽ももうよいかな、と思い始めながらもチケットを手放す決心ができず月締めは『昭君』。
ぎゅうぎゅう詰の銕仙会の客席で初めて通しで床座りとなり、作品よりも姿勢の維持に苦慮することに(T.T)…(今までは腰掛体制で座れる席をなるべくゲットしていたのだ)
能楽も観たい能楽師リストが自分の中でほぼできあがり、ぼちぼちいいか、と思っていたが...

続きを読む "やっぱり良いよ、能楽。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-05-02

まいった...(-_-;)

この頃よくあるのですが、演目に集中できなくて困る自体が発生。
『安宅』をBunkamura オーチャードホールで鑑賞中、嫌な予感が...

続きを読む "まいった...(-_-;)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-04-26

『紅天女』山形へ

07kurenai_p梅若六郎師が年頭に再演があると言っていた『紅天女』ですが、その公演が5月6日に山形市で行われます。

六郎師と狂言師の茂山七五三の対談、「紅天女」、仕舞、連吟、狂言「口真似」、能「小鍛治」という内容。
チラシの出演者の欄を見たところでは、今回は能の部分だけきっちり見せてくれる演出でしょうか。 まさか今回もナレーションなどありはすまい、と思うのですが...(前回初演の感想は検索窓から「紅天女」からどうぞ) 

続きを読む "『紅天女』山形へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-04-16

『道成寺』月間

すでに4月に入っていろいろな個人的テーマにおける伝統芸能観劇月間が始まっています。
世田谷パブリックシアターの『翁』は初日めげて3日間のみ観劇。
万作さんの芸の進化的心に大感動!

『西行桜』...(^m^) へへへ...あとひとつ残るのみ。

続きを読む "『道成寺』月間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-04-03

4月です...近況

先月末からMy『道成寺』月間がスタート。 引き続き『翁』と『西行桜』... 
というわけで、書きたくても何も書けない能楽の公演で予定が一杯の4月です。
『道成寺』を始めて見る機会を得ましたが、非常に特長の多い作品で初めて能を見る方でも楽しめると思いました。

続きを読む "4月です...近況"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-02-18

能楽フルコース体験

07shikino_pじゃんじゃか雨の降る中、国立能楽堂にて開催された「式能」に出かけてきました。
座っている時間が長すぎて、お尻が痛いです。。。^^;

毎年恒例のようですが、もちろん私は初めて。
能を5番という正式上演形式。
普通は1番から3番くらいの日程ですし、企画公演なら能1+狂言1が普通です。 5番と「翁」そして各合間に狂言、というのはかなりな長さ。

続きを読む "能楽フルコース体験"

| | コメント (0) | トラックバック (0)